定番の演出

新郎新婦

結婚式は、一生に一度の特別なものです。自分たち、そしてゲストの思い出に残るように素敵な演出を考えてみましょう。最近の結婚式の定番演出は、映像を使ったものです。入場前に流すオープニングムービー、式の終わりに流すエンドロール、中座の最中に流すプロフィールムービーなど種類は様々です。他にも、ゲスト側が用意するサプライズムービーなども定番です。式場にはスクリーンがあることがほとんどですので、好きなタイミングで様々な映像を流せます。最近では、式場全体を使ったプロジェクションマッピングなども人気ですので、検討してみると良いでしょう。また、このような映像演出を用意するのには、自作するのと業者に頼む方法の二種類があります。

自作するメリットとは

自作映像の定番は、プロフィールムービーです。新郎新婦それぞれの生まれた時から出会い、現在に至るまでを写真と共に紹介するもので、素材となる写真と、パソコンかスマホがあれば自作することが可能です。自作する一番のメリットは費用がほとんどかからないことですので、少しでも結婚式費用を安くしたいカップルにはおすすめです。また、動画の演出や強調したい箇所などを全て自分で編集することが出来るので、業者とやりとりする時間が減り準備がスムーズに行くというメリットもあります。写真のデータを送ったり、気に入らない場所を修正依頼したりというラリーもなくなります。パソコンやスマホの編集作業が得意な人は、挑戦してみましょう。

業者に頼むメリットとは

業者に作成を頼む一番のメリットは、仕上がりが綺麗になることです。自作では使わないようなソフトを使い作ってくれるので、美しい映像、演出、効果などが足され、ゲストも驚くような自作では味わえない出来の良さを味わえます。また、品質が良いものは結婚式が終わったあとも、手元に美しいまま残るので、良い思い出となります。さらに自作で完成させるのには時間がかかりますが、業者に頼めばその分、他の準備に充てることが出来て心の余裕が出来ます。その分料金はかかりますが、より良い品質と時間を確保したいカップルにおすすめです。様々な業者のサンプル映像などを見て、比較検討し発注しましょう。場合よっては、結婚式場が斡旋してくれることもあります。このように、自作も業者へ依頼するのも、どちらにも違ったメリットがあります。夫婦で話し合い、ベストな方法を決めて準備を進めていきましょう。

広告募集中